主な配給作品一覧

ご希望の作品をお選びください

※掲載以外にも配給作品が多数ございます。お気軽にお問い合わせください。

日日是好日

NEW
日日是好日
公開 2018年
素材 BD/DCP
  • バリアフリー
  • 字幕
時間 100分
提供 東京テアトル

(C) 2018 「日日是好日」製作委員会

真面目で、理屈っぽくて、おっちょこちょい。そんな典子(黒木華)は母に勧められて、武田のおばさん(樹木希林)にお茶を習うことになった。二十歳の春だった。それから二十四年。就職の挫折、失恋、大切な人との別れ。いつも側にはお茶があった。五感を使って、全身で、その瞬間を味わった。やがて「日日是好日」という言葉をかみしめていく美しき時の流れ。この映画は、内なる自由と生きる喜び、そしてかけがえのない❝今❞を描く物語。

海を駆ける

NEW
海を駆ける
公開 2018年
素材 BD/DCP
  • バリアフリー
時間 107分
提供 東京テアトル

(C)2018「海を駆ける」製作委員会

インドネシアのアチェ州バンダ・アチェ。波の中から現れた男・ラウ(ディーン・フジオカ)は浜辺に倒れる。一方、日本からインドネシアに移住し、NPO法人で災害復興の仕事をしながら息子(太賀)と暮らす貴子(鶴田真由)は、海岸で日本人らしき男が発見されたとの連絡を受け、それから男を暫く預かることになる。そして彼の周りで奇妙な現象が起こり始める。

素敵なダイナマイトスキャンダル

NEW
素敵なダイナマイトスキャンダル
公開 2018年
素材 BD/DCP
時間 138分
提供 東京テアトル

(C)2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会

岡山の田舎町に生まれ育った末井昭(柄本佑)。昭が7歳の時、重い病で医者にも見放された昭の母(尾野真千子)は、隣家のひとり息子とダイナマイトで心中。やがて青年になり上京した末井はエロ雑誌の出版社へと入社し、新感覚の雑誌を創刊する。そこでアラーキーこと荒木経惟に出会い、さらに南伸坊、赤瀬川源平、嵐山光三郎らが集結し、発禁と創刊を繰り返しながら、伝説の雑誌を生み出していく。

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ

NEW
映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ
公開 2017年
素材 BD/DCP
時間 108分
提供 東京テアトル

(C)2017「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」製作委員会

昼間は看護師、夜はガールズバーで働く美香(石橋静河)は漠然とした不安を抱え、誰かに頼ることもできず日常を送っていた。一方、工事現場で日雇い労働をしている慎二(池松壮亮)は、左目がよく見えず、生きることの辛さを感じながらも、前向きに暮らしている。ある日慎二は、一緒に働く智之(松田龍平)らとガールズバーに行き、そこで美香と出会う。それ以降、なぜか偶然にも顔を合わす機会が重なり、生きることに対して同じ思いを持つ二人は、やがて心が通じ合っていく。

ビジランテ

NEW
ビジランテ
公開 2017年
素材 BD/DCP
時間 125分
提供 東京テアトル

(C)2017「ビジランテ」製作委員会

母が死んだ日に父・武雄の首を刺し、川を渡って逃げる神藤家の三兄弟、長男の一郎(大森南朋)、次男の二郎(鈴木浩介)、三男の三郎(桐谷健太)。一郎は 父に捕まるとその場にあった石で顔面を強打される。家に連れ戻された三兄弟は激しい折檻を受け、一郎は二郎と三郎が引き止めたが、そのまま一人逃げ出してしまった。それから30年が経ち・・・。

海辺のリア

NEW
海辺のリア
公開 2017年
素材 BD/DCP
時間 105分
提供 東京テアトル
ヒューマン|

(C)「海辺のリア」製作委員会

かつて日本を代表する俳優であった兆吉(仲代達也)は、一人で海を歩いていると、男のような身なりの若い女性に出会った。若い女性・伸子(黒木華)は兆吉がかつて愛人に産ませた実の子であった。伸子の記憶を失った認知症の兆吉は、伸子に次々と不祥な言葉を浴びせた後のち、空腹を訴えた。「いい気なもんよ、娘と孫を捨てといて」と返す伸子だが・・・。兆吉の娘役・由紀子に原田美枝子、由紀子の旦那役・行雄に阿部寛、由紀子の不倫相手で運転手役に小林薫。

ディストラクション・ベイビーズ

NEW
ディストラクション・ベイビーズ
公開 2016年
素材 BD/DCP
時間 108分
提供 東京テアトル

(C)2016「ディストラクション・ベイビーズ」製作委員会

愛媛県松山市の小さな港町・三津浜の造船所で暮らす泰良(柳楽優弥)と弟の将太(村上虹郎)。ケンカに明け暮れる泰良は町を出て、松山市の中心街で強そうな相手を見つけてはケンカを売るようになる。そんなある日、裕也(菅田将暉)という青年に声を掛けられたが、今度は裕也と一緒に無差別に暴行を加えるようになり…。

島々清しゃ

NEW
島々清しゃ
公開 2017年
素材 BD/DCP
  • バリアフリー
  • 字幕
  • ファミリー
時間 100分
提供 東京テアトル

(C)2016「島々清しゃ」製作委員会

沖縄の慶良間島で暮らす少女うみ(伊東蒼)は天賦の才の音感の持ち主。音色が少しでも違えば「ちんだみ、狂ってる」と言って周囲を困らせている。うみはかつて自分の母親さんご(山田真歩)に、唄が下手だと言ったことで一緒に暮らせなくなったと思っている。母親さんごは自分に唄や踊り才能が無いから、うみと一緒に暮らせないと思い込んでいる。そんなある日ヴァイオリニストの北川祐子(安藤サクラ)が島にやってきたことから、うみは大切なものをしっていくことになる・・・。