主な配給作品一覧

ご希望の作品をお選びください

※掲載以外にも配給作品が多数ございます。お気軽にお問い合わせください。

そこのみにて光輝く

NEW
そこのみにて光輝く
公開 2014年
素材 BD/DCP
時間 120分
提供 東京テアトル

(C)2014佐藤泰志/「そこのみにて光輝く」製作委員会

ある出来事がきっかけに仕事を辞め、目的もなく毎日を過ごしていた佐藤達夫(綾野剛)は、ある日パチンコ屋で使い捨てライターをあげたことから、粗暴だが人懐っこい青年・大城拓児(菅田将暉)と知り合う。拓児に誘われるままついていくと、そこはとり残されたように存在している海辺の一軒のバラックだった。そこで達也は拓児の姉・千夏(池脇千鶴)と出会う。互いに心惹かれ、二人は距離を縮めていくが、千夏は家族を支えるため、達夫の想像以上に過酷な日常を生きていた。それでも達夫は千夏への一途な愛を貫こうとするー。

南極料理人

NEW
南極料理人
公開 2009年
素材 DVD/BD/35mm
  • ファミリー
時間 125分
提供 東京テアトル

(C)2009「南極料理人」製作委員会

南極観測隊に料理人として参加した西村淳のエッセイ「面白南極料理人」を映画化。日本から遠く離れた極寒の地で、西村が作る温かい料理を通じて、次第に隊員達の絆が深まっていく。主演は堺雅人。共演に生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補ら個性派が揃う。

パンドラの匣

NEW
パンドラの匣
公開 2009年
素材 35mm
時間 94分
提供 東京テアトル

(C)2009「パンドラの匣」製作委員会

太宰治の同名青春小説を「パビリオン山椒魚」の冨永昌敬監督が映画化。結核のため出兵することもかなわず太平洋戦争終結を迎えた少年ひばりは「健康道場」と称する風変わりな結核療養所に入所。気まぐれで明るい看護士のマア坊や、美人看護士長の竹さん、個性的な療養患者たちとの日々を通して、次第に生きる活力を取り戻していく。主演は「フレフレ少女」の染谷将太。美人看護師の竹さん役には芥川賞作家で歌手の川上未映子。

幸福のスイッチ

NEW
幸福のスイッチ
公開 2006年
素材 BD/35mm
  • ファミリー
  • シニア
時間 105分
提供 東京テアトル

(C)2006年 幸福のスイッチ製作委員会

和歌山県を舞台に、ガンコ親父と3人姉妹が繰り広げる人間模様を描いたハートウォーミングストーリー。儲けにならない仕事ばかり引き受ける電器屋の父・誠一郎に反発して上京し、デザイン会社でイラストレーターとして働きはじめた怜。しかし、自分が思い描いていた仕事ができず、会社を辞めてしまう。そんな中、帰省することになった怜は、父の電器屋を手伝うハメになり……。主人公の不器用な父娘を、沢田研二と上野樹里が好演。

パビリオン山椒魚

NEW
パビリオン山椒魚
公開 2006年
素材 BD/35mm
時間 98分
提供 東京テアトル

(C)2006 パビリオン山椒魚パートナーズ

自称21世紀の天才レントゲン技師・飛島芳一(オダギリジョー)のもとに、香川(光石研)と名乗る男がやってきた。彼は、芳一にサラマンドル・キンジロー財団の動物国宝である、オオサンショウウオのキンジローを盗み出し、レントゲン撮影するよう依頼する。ところが、芳一はキンジローの誘拐に失敗してしまい……。

洗骨

NEW
洗骨
公開 2019年
素材 DVD/BD/DCP
  • ファミリー
  • シニア
時間 111分
提供 ファントム・フィルム

(C)「洗骨」製作委員会

洗骨───。 今はほとんど見なくなったその風習だが、沖縄諸島の西に位置する粟国島などには残っているとされる。粟国島の西側に位置する「あの世」に風葬された死者は、肉がなくなり、骨だけになった頃に、縁深き者たちの手により骨をきれいに洗ってもらうことで、晴れて「この世」と別れを告げることになる。 沖縄の離島、粟国島・粟国村に住む新城家。長男の新城剛(筒井道隆)は、母・恵美子(筒井真理子)の“洗骨”のために、4 年ぶりに故郷・粟国島に戻ってきた。 実家には、剛の父・信綱(奥田瑛二)がひとりで住んでいる。生活は荒れており、恵美子の死をきっかけにやめたはずのお酒も隠れて飲んでいる始末。 そこへ、名古屋で美容師として活躍している長女・優子(水崎綾女)も帰って来るが、優子の様子に家族一同驚きを隠せない。様々な人生の苦労とそれぞれの思いを抱え、家族が一つになるはずの“洗骨”の儀式まであと数日、果たして 彼らは家族の絆を取り戻せるのだろうか?

オズランド

笑顔の魔法おしえます。

NEW
オズランド
公開 2018年
素材 DVD/BD/DCP
  • ファミリー
時間 105分
提供 ファントム・フィルム

(C)小森陽一/集英社 (C)2018 映画「オズランド」製作委員会

夢と希望にあふれて、彼氏と同じ超一流ホテルチェーンに就職した波平久瑠美に言い渡されたのは、 系列会社が運営する地方の遊園地グリーンランドへの配属辞令だった…! ふてくされながらも、“魔法使い”と呼ばれる風変わりなカリスマ上司・小塚慶彦と 個性的すぎる従業員たちに囲まれる日々を過ごすうち、 少しずつ働くことの楽しさ・やりがいに気づいていく。 小塚に対して、憧れとも恋ともわからない感情を抱きだしたある日、 久瑠美は小塚の秘密を知ってしまう… 働く人なら誰でも共感する悩みを抱えながら、やがて仕事の極意を掴みとる久瑠美の姿に思わず拍手喝采!! 知っているようで知らない“遊園地の舞台裏”を舞台にした、 最高にハッピーな “お仕事エンターテインメント”が誕生 !!!

この世界の片隅に

NEW
この世界の片隅に
公開 2016年
素材 DVD/BD/DCP
  • バリアフリー
  • 字幕
  • ファミリー
  • シニア
時間 130分
提供 東京テアトル

(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

18歳のすずさんに、突然縁談がもちあがる。 良いも悪いも決められないまま話は進み、1944(昭和19)年2月、すずさんは呉へとお嫁にやって来る。呉はそのころ日本海軍の一大拠点で、軍港の街として栄え、世界最大の戦艦と謳われた「大和」も呉を母港としていた。 見知らぬ土地で、海軍勤務の文官・北條周作の妻となったすずさんの日々が始まった。 夫の両親は優しく、義姉の径子は厳しく、その娘の晴美はおっとりしてかわいらしい。隣保班の知多さん、刈谷さん、堂本さんも個性的だ。 配給物資がだんだん減っていく中でも、すずさんは工夫を凝らして食卓をにぎわせ、衣服を作り直し、時には好きな絵を描き、毎日のくらしを積み重ねていく。 ある時、道に迷い遊郭に迷い込んだすずさんは、遊女のリンと出会う。 またある時は、重巡洋艦「青葉」の水兵となった小学校の同級生・水原哲が現れ、すずさんも夫の周作も複雑な想いを抱える。 1945(昭和20)年3月。呉は、空を埋め尽くすほどの数の艦載機による空襲にさらされ、すずさんが大切にしていたものが失われていく。それでも毎日は続く。 そして、昭和20年の夏がやってくる――。